リタイア回避で執念のチェッカー

2019.05.31-06.02

ピレリスーパー耐久シリーズ 2019(S耐)に参戦するTeam Noahの「AZIMUTH CIVIC TCR」は、5月31日〜6月2日に富士スピードウェイ (静岡県)で
開催されたシリーズ最長の耐久レース、第 3 戦「富士 SUPER TEC 24 時間レース」のST-TCRクラス(全9台)に参戦。
ゴールまで6時間を切って3位表彰台を狙って走行中だった9時20分、1コーナーアウト側のガードレールにクラッシュ。
ピットへ戻って修復するもダメージは大きくレース続行を断念した。
しかし最後にコースインして執念のチェッカー。8位となり7点、そして完走ポイント1点の計8点を追加した。

予選:4位 / 決勝:8位

リタイア回避で執念のチェッカー

福岡に本拠を置く Team Noah(代表:清瀧雄二)は、“九州に元気を!九州のモータースポーツにもっとワクワクを!“
を合言葉に九州のレーシングチームとして S 耐にフル参戦。2 年目となる今年は参戦車両をホンダ・シビック TCR に変更した。
ドライバーは福岡在住の清瀧、熊本在住の塚田利郎、蘇武喜和というレギュラー3 名に、
開幕戦にも参戦した芳賀邦行、昨年の24時間優勝メンバーである松本和之、さらにチーム初合流の西村元希を加えた6名体制で臨んだ。
この24時間レースは、昨年 Team Noah が初優勝を達成したレースであり、シリーズ最大の山場でもある。
ST-TCR クラスには、4台のホンダ・シビックTCR、4台のアウディRS3 LMS、VW ゴルフGTI TCR という計9台が参戦した。
入梅前の富士はコースサイドのグリーンにシロツメクサが咲き初夏の装い。
100Rイン側やダンロップコーナー横などには今年もキャンプをしながらレースを楽しむファンのテントが数多く立った。
31日の公式予選は、A、B ドライバー2名のベストタイム合算で争う。Aドライバー塚田は 1分 50秒 594 で3 位、Bドライバー蘇武はコースレコードを更新する
1分49秒543で5位で、合算で4位につけた。また芳賀、松本は車両の慣熟走行に勤しみ、フリー走行では清瀧、西村が車両の走行感覚をつかみ、
満タン走行の確認などを行い、決勝レースの準備を進めた。また走行後はメカニッ クらが車両のチェックやパーツの交換等を行い翌日に備えた。

FUJI RACE

1 日 14 時 59 分、グリーンシグナル点灯と共に長丁場のレースがスタートした。ステアリングを握るのは蘇武だが、ハイペースの上位陣にはついていかず、順位を 6〜7 位に落としながらも決められたペースを守り車両を労わる走行を続けた。16 時半過ぎにピットインして西村に交代。日没のトワイライトタイムの 18 時 20 分に塚田に交代し、すっかり日の暮れた 20 時に松本へつないだ。予定どおりに 1 スティント 1 時間 40 分でレースを進め、21 時 40 分には芳賀へ、さらに 23 時 20 分には再び蘇武へ、夜中の 1 時には塚田、2 時 40 分には松本へつないでいる間に、上位を走るライバル車にトラブルが発生しポジションは 4 位へ浮上した。周囲が明るくなった 5 時 20 分。チームはここで義務付けられた 10 分間の”メンテナンスタイム”を取り、ブレーキローターとパッドの交換、オイルチェック、クラッチのエア抜きなど車両のチェックを行い、清瀧がコースへ。

7時25分には西村に交代し、9時15分には三たび蘇武へ。3位争い中の4〜5位を走っており、残り6時間を粘り強く走れば表彰台は獲得できそうだった。
しかし交代した直後の9時20分。蘇武は1コーナー直前でマシンを突然左に向けアウト側のガードレールに激突。何とかコースを1周してピットへ戻ってきた。
ガレージではメカニックがてきぱきと作業を行い、フロント部分のバンパー、インタークーラー、ラジエター等パーツを取り外し交換。
1時間半ほどの作業でほぼ修復できたかに見えたが、ダメージはエンジンにも及んでおり、チームはここでレースの続行を断念。
完走狙いで最後にチェッカーを受けることとした。ゴールまであと 5 分という 14 時 54 分、希望した蘇武が痛々しい姿のシビックTCR でコースイン。
レーシングスピードには全く届かないが、何とか2 周して執念のチェッカーを受けた。完走8位で計8ポイントを追加という結果だった。
第4戦は、7月20日〜21日に、チームの地元オートポリス(大分県)において5時間レースとして開催される。

FUJI RACE1
FUJI RACE2
FUJI RACE3
FUJI RACE4
FUJI RACE5
FUJI RACE6
FUJI RACE7
FUJI RACE8

SPONSOR

スポンサー

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

CONTACT US