「Team Noah HONDA CIVIC TCR」
地元オートポリスを初制覇

2022.7.30-31

ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankookに参戦する「Team Noah HONDA CIVIC TCR」は、
7月30〜31日にオートポリス(大分県)で開催されたシリーズ第4戦「スーパー耐久レース in オートポリス」のST-TCRクラスに参戦。
チームとして初めて地元のコースでクラス優勝を遂げ、ポイント的にも2位に差をつけタイトル争いを有利にした。

予選:2位 / 決勝:1位

「Team Noah HONDA CIVIC TCR」<br>地元オートポリスを初制覇

福岡に本拠を置くTeam Noah(代表:清瀧雄二)は、“九州に元気を!九州のモータースポーツにもっとワクワクを!“を合言葉に
九州のレーシングチームとして2018年よりS耐にフル参戦。参戦車両はホンダ・シビックTCRで、昨年は念願のクラスチャンピオンを獲得した。

今回は塚田利郎、蘇武喜和、小串康博、清瀧のドライバー4名で臨んだ。チーム初合流の小串は地元大分のドライバーでTCR車両のドライブは初となる。
ST-TCRクラスは今回2台の出走で、全体ではST-5クラスを除く8つのクラスに45台がエントリーした。
オートポリスは阿蘇外輪山に建設されたアップダウンに富むサーキットで、ドライバーに人気のあるコースだが、
Team Noahとしてはまだ一度も勝ったことがなく、今年こそ地元での優勝をという思いでサーキット入りした。

AUTOPOLIS RACE

30 日の午後に行われた予選はA、Bドライバー2名のベストタイム合算で争い、塚田と蘇武のベストタイム合算の結果、総合19位、クラス2位となった。
Bドライバーからはウェット路面となったが、小串と清瀧も基準タイムを難なくクリアした。

31日の決勝レースは、気温25℃で曇天から時おり霧雨の落ちるコンディション。5時間レースは11時3分にスタート。
午前中に行われたウォームアップ走行で、ライバルの97号車シビックがハブトラブルに見舞われ修復がコースインに間に合わずピットスタートとなり、
塚田はスタートの時点で1分ほどの差をつけることができた。塚田は安定した走りを続け28周でピットインし小串に交代。
このタイミングで97号車シビックに先行されたが、小串は34周目に97号車シビックを捕らえ逆転。
97号車シビックはピットインしてドライバー交代をするも排気系のトラブルを抱え、これで2台の差は7周となりレース展開が楽になった。

小串のスティント途中で雨が落ちて来たがコースを濡らすまでには至らず、65周でピットインし清瀧に交代した。
清瀧は総合順位を16番手まで上げていたが、99周目の第2ヘアピンで他の車両と接触して、左リヤのサスペンションアームを曲げ緊急ピットイン。
車両はそのままガレージへ入れられたが、メカニックが迅速な作業でアームを交換し13分ほどの作業で蘇武をコースに送り出した。
97号車シビックとの差は2周まで縮まっていたが、蘇武はヘビーウェットな路面となるとレインタイヤに交換し、しっかり最後まで走り切り128周でチェッカー。
開幕戦鈴鹿、第2戦富士、そして今回で3連勝を遂げ(第3戦SUGOはスキップ)、タイトル争いをさらに有利にした。

第5戦は、9月3〜4日にモビリティリゾートもてぎ(栃木県)において、5時間レースとして開催される。

MEDIA RELEASEはこちら(PDF)

  • 塚田利郎:

    チームワークというかみんなで取った勝利ですね。僕のスティントはクルマも調子良いし、無線でレースの状況を教えてもらいながら走っていましたが、97号車がピットスタートだったこともあり落ち着いて走ることができました。しかしようやくオートポリスで勝てました。ホームコースですから喜びもひとしおです。次のレースは個人的にお休みしますが、応援には行く予定です

  • 蘇武喜和:

    緊急ピットインでしたので慌ただしく準備して乗り込みましたが、メカさんがバッチリ直してくれて、もちろんアライメントを取る時間はなかったわけですが問題はありませんでした。スリックタイヤで出て行きましたが、雨量が増えたので保険をかける意味でレインタイヤに交換してもらいました。最近はチーム力が上がっているので、それを武器に次も勝ちたいと思います

  • 小串康博:

    初のTCRシビックで勝っちゃいました。TCRにはこれまで乗ったことがなかったので不安だったのですが、足を引っ張ることもなく走れたので良かったです。また機会があれば乗せてもらいたいと思います。地元で走り慣れているコースは熟知しているつもりですが、今回のレースはいろんなことがとても勉強になったので地方戦でもこの経験を生かして頑張ろうと思います

  • 清瀧雄二:

    レーシングアクシデントとは思いますが第2ヘアピンで接触して、もう真っ直ぐ走れませんでした。これは修理に何分かかるかなと思ってピットに戻りましたが10数分で直って本当に良かった。メカニックも良く対処してくれました。今週末はこれを含めて”持っていた”なと思います。次のもてぎと岡山でもドライブ予定ですが、残り3戦連覇を目指して頑張ります

AUTOPOLIS RACE1
AUTOPOLIS RACE2
AUTOPOLIS RACE3
AUTOPOLIS RACE4
AUTOPOLIS RACE5
AUTOPOLIS RACE6
AUTOPOLIS RACE7
AUTOPOLIS RACE8

2022 SPONSOR

2022 スポンサー

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

CONTACT US